2010年01月24日

シュロいろいろ

こんにちはface02

今日はシュロ製品いろいろご紹介しますik_20


海南市は家庭用品の国内最大の生産地で全国シェア80%を占めています。

たわし、ブラシ、スポンジ、マットなどなど・・・。

そのルーツはその昔弘法大師が唐の国からシュロの種子を

持ち帰ったのが始まりと言われていますface06

海南市東部から紀美野町のあたりで多く栽培されたシュロの皮を使って

縄、ほうき、たわしなどに加工されたことから発展していきましたik_18

最近ではパームやナイロンなどのたわしやほうきが主でシュロ製品は少なくなりましたが

やっぱりシュロのたわしが欲しい!と言われるお客様が訪ねてこられます。











大きさが3種類あって極小、小サイズは台所で使うのにちょうどいいですik_73

大きいたわしはお風呂場の掃除などにicon12

こちらは年末から販売している新商品のボディたわし











たわしで体洗うの!? ってびっくりされるかもしれませんが

シュロのたわしは水を含むと柔らかくなり程よい刺激が血行を良くするとのこと。

柄も体を洗うのにちょうどいい長さにこだわっていますicon22


シュロ皮トサカホウキ
















シュロ皮を使っていて少し高価なものですが

手になじむというかいい感じですik_73

シュロの繊維が細かいホコリなどをよくからみとって

隙間の掃除にとっても役立ちそうですicon12

パン屑をササっと掃いたりパソコンデスクのホコリとりにも良さそうik_73ik_73



これらの商品は

天然の素材を使った一つ一つ職人さん手作りの暖かい道具ですface05

エコな生活にスローライフな生活にいかがですかik_48







  


Posted by まちづくり海南 at 15:40Comments(0)お土産・物産