2011年03月13日

地震と津波。。。

こんにちは。

11日に東北関東で起こった大きな地震。
時間が経つにつれ被害の現状がわかりテレビを見ているのも怖いです。
離れ離れになった家族を捜している方々の姿を見ると涙が出てきます。

現地の方々には情報が入らずさぞかし不安な日々を送っていることと思います。
私も阪神大震災で被災したので地震の怖さは十分わかっているつもりでした。
けれども今回はテレビを通して津波の怖さを初めて知りました。
まるで映画で見たような風景が現実に起こっているのです。
実際は、テレビで見ているよりはるかにひどい現状だと思います。
現時点で安否不明の方が1万人超えているとか。
この方たちがどこかに避難出来ていることを願うばかりです。


海南駅前広場には
南海道地震津波浸水水位の石碑が立っています。
昭和21年12月21日 潮岬沖で発生した地震。
地震の規模はマグニチュード8.0。
地震よりも津波や火災の被害が大きかったと言われています。

いつか必ず起こると言われている東南海・南海地震。
県の防災計画ではM8.4の場合、最も高い地域で8mを超える
津波が予想されています。

ということは地震が発生したらすぐに高台か3階以上の建物
に避難する必要があります。
実際、今回の地震でも思っていたよりも早く津波が到達しました。



大きな地震が起こった場合、すぐに体は反応せずどうしていいいかわからなくなります。
私も阪神大震災の際には直後何が起こったか分からず腰が抜けてすぐに動けませんでした。
そしてもちろんテレビなどは壊れたり、停電の為地震の情報は入ってきません。

地震が起こった場合どこに避難するか日頃から考えておくことが大事です。

海南市地震・津波ハザードマップ
http://www.city.kainan.wakayama.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1286429451547&SiteID=0


今たくさんの方々が助かることを祈ることしかできません。
東北関東の人たちの為に私たちに何か出来ることは何だろうか。。。
まずは、義援金で協力したいと思います。  


Posted by まちづくり海南 at 13:29Comments(0)その他